top of page
JBF_logo_web用 2.png

概要

一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクトは、教育機関、地方公共団体、国、各国大使館そして企業の皆様と共に障がいのある子ども達の活躍の場を社会の中に広げ,彼らの将来のキャリア育成を促進するプロジェクトです。 障がいのある方々の日常、家族の思いをより多くの方々に知っていただく為に、映像制作並びに公開に力を入れています。

JapanBarrierFreeProject aims to find more places for the disable children in the society to take part in and promote their career in the future  with school, local municipality ,nation, , Embassies and companies.

​紹介映像
  「目が見えず、耳も聞こえない、
    わが子を支えるお母さんの一日」

1_9647000_logo.png

日本には964万7千人の「障がい者」がいます(2022年内閣府公式HP) 人口の10%近い人々が,何らかの「障がい」を抱えながら日々の生活を送っています。 高齢化がますます進み,また小児医療が飛躍的に発展する今後,この「数」はますます増えると思います。 「障がい」はもう「他人事」ではないのではないでしょうか。 自分もそして家族もいずれは「何らか」の形で「障がい者」になる。 「共生社会」とは障がい者の為だけに実現していくものではなく文字通りすべての人が気持ち良く生活できるよう「前に」進めていくものなのではないでしょうか。「964万7千分の一」映像プロジェクトは、障がい児の日常と親御さんの思いにフォーカスを当て、彼らの一日に密着した映像ドキュメントです。彼らの日常、思いを知ることが共生社会を広げる一歩になると信じております。

【息子の死を乗り越えて】脳性麻痺とダウン症の二人の息子を授かった夫婦の物語 supported by にしたんクリニック
12:51
964万7千分の一

【息子の死を乗り越えて】脳性麻痺とダウン症の二人の息子を授かった夫婦の物語 supported by にしたんクリニック

【息子の死を乗り越えて】脳性麻痺とダウン症の二人の息子を授かった夫婦の物語 supported by にしたんクリニック 日本には964万7千人の「障がい者」がいます(2022年内閣府公式HP) 人口の10%近い人々が,何らかの「障がい」を抱えながら日々の生活を送っています。 高齢化がますます進み,また小児医療が飛躍的に発展する今後,この「数」はますます増えると思います。 「障がい」とは,もう「他人事」ではないのではないでしょうか。 自分もそして家族もいずれは「何らか」の形で「障がい者」になる。 「共生社会」とは障がい者の為だけに実現していくものではなく文字通りすべての人が気持ち良く生活できるよう「前に」進めていくものなのではないでしょうか。 美園竜吾くんは脳性麻痺で生まれました。 生まれる前に「子どもには障がいが残ります。産みますか、産みませんか」という選択を迫られたお父さんの直人さんそしてお母さんの環さん。 直人さんはお母さんに言いました。 「産んでくれるかい」 「産む」という選択をした二人は全身全霊で竜吾くんを愛しました。 しかし2年前に竜吾くんは亡くなります。 自宅での医療機械の事故。 打ちのめされる二人。 絶望の底にいた2人を救ったのは3人の子ども達です。 その一人、末っ子のゆったんこと 悠貴くん(ゆたか)はダウン症です。 両親と子ども達の軌跡を辿ります。 是非ご覧ください。 協賛-にしたんクリニック エクスコムグローバル株式会社 https://www.xcomglobal.co.jp/ 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject ジャパンバリアフリープロジェクトInstagram / bengtyamada. . #にしたんクリニック #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #脳性麻痺 #ダウン症 #障害 #バリアフリー # # #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト #
【心臓と重度のてんかんを持つ子どもたち】二人の娘を育てるママの一日に密着 supported by にしたんクリニック #にしたんクリニック #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト
10:36
964万7千分の一

【心臓と重度のてんかんを持つ子どもたち】二人の娘を育てるママの一日に密着 supported by にしたんクリニック #にしたんクリニック #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト

【心臓と重度のてんかんを持つ子どもたち】二人の娘を育てるママの一日に密着 supported by にしたんクリニック 日本には964万7千人の「障がい者」がいます(2022年内閣府公式HP) 人口の10%近い人々が,何らかの「障がい」を抱えながら日々の生活を送っています。 高齢化がますます進み,また小児医療が飛躍的に発展する今後,この「数」はますます増えると思います。 「障がい」とは,もう「他人事」ではないのではないでしょうか。 自分もそして家族もいずれは「何らか」の形で「障がい者」になる。 「共生社会」とは障がい者の為だけに実現していくものではなく文字通りすべての人が気持ち良く生活できるよう「前に」進めていくものなのではないでしょうか。 田中優音(ゆな)さんはダウン症で生まれました。 そして重度の心臓病(ファロー四徴症)があります。 下の妹、笑舞(えま)さんは世界でも珍しい稀少難病’SCN8A'を持って生まれました。 SCN8Aは重度のてんかんを起こします。 その二人の娘を女で一人で育てるのがお母さんの田中佳世(かよ)さんです。 佳世さんは言います。 優音(ゆな)は私にとって「天使」です。 笑舞(えま)さんは1歳までは順調に成長していました。 しかし度重なるてんかんの発作で様々な心身の機能を失っていきました。 SCN8Aのお子さんの死因のほとんどは突然死です。 いつ笑舞さんを失うかわからない不安と共に生きている佳世さんは言います。 「自分で看取ってあげたいなと思います」 三人の1日に密着しました。 是非ご覧ください。 協賛-にしたんクリニック エクスコムグローバル株式会社 https://www.xcomglobal.co.jp/ キラピカSMILEチャンネル https://www.youtube.com/@SMILE-dm1hj kirapika_smile__kitchen_car https://www.instagram.com/kirapika_smile__kitchen_car/ 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject ジャパンバリアフリープロジェクトInstagram / bengtyamada. . #にしたんクリニック #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #キラピカSMILEチャンネル #キッチンカー #障害 #バリアフリー # # #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト #
'A BABY MISSING THE SKULL’  (supported by Nishitan clinic) #Nishitanclinic#JapanBarrierFreeProject
11:18
964万7千分の一

'A BABY MISSING THE SKULL’ (supported by Nishitan clinic) #Nishitanclinic#JapanBarrierFreeProject

'A BABY MISSING THE SKULL’ supported by Nishitan clinic #Nishitanclinic#JapanBarrierFreeProject In Japan there are 9,647,000 people with disability( 2022 statistics by Cabinet office) About 10% of population in Japan suffer disability. I believe this ratio is as same as any other countries. As there will be a high percentage of elderly people and pediatric medical will develop much much more, it will be sure the number of the people with disability will increase. I think disability is not somebody else's business any more. Someday you and the member of your family will be disable until death. I believe that letting the people with disability join the society and achieve inclusive society is not only for the people with disability but also for the people who don’t suffer disability right now. Mirai Hoshino was born with disease and disability which no doctor can name. By modern medical, he is diagnosed with nothing unusual. But you can see…. Deformity in skull and face. Eyelids are all lost.(He can’t blink) Microtiaーsmall ears and positioned in the wrong place. The bone of forehead is lost(Under skin, there is brain-His brain is not protected by born) Eye bone is lost. Cheek bone is lost. Also he is a child with medical care-Gastrostomy, Ventilator,Tracheostomy- Parents take a parental leave to raise him. I think the word of 'Two as one' is for them. Mirai has no upper eyelids , so he needs to use eye drops regularly. He has no forehead. So he needs an original helmet to protect his brain. Even from right now (He is just 1 year old) he practices to put on helmet every day. But the parents are extremely confident. They say 'I don’t want to give up happiness .' 'I want to pursue the happiness with Mirai and my husband.' Please check it out. Supported by Nishitan clinic XCom Global,Inc. https://www.xcomglobal.co.jp/ Hoshino Mirai You-tube Channel / @hoshinomiraiwaakarui yt_favicon.png / @hoshinomiraiwaakarui Produced by Body and Brain co,ltd. Japan Barrier Free Project inc https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProject Original Goods https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject Japan Barrier Free ProjectInstagram instagram_1x.png / bengtyamada. . #Nishitanclinic #1/9,647,000 #inclusive #disability # #HoshinoMiraiChannel # # #barrierfree # # #JapanBarrierFreeProject # #
【顔面の形成異常】病名のつかない障がいを持つ赤ちゃんを育てる夫婦に密着 supported by にしたんクリニック #共生社会 #にしたんクリニック#ジャパンバリアフリープロジェクト
13:52
964万7千分の一

【顔面の形成異常】病名のつかない障がいを持つ赤ちゃんを育てる夫婦に密着 supported by にしたんクリニック #共生社会 #にしたんクリニック#ジャパンバリアフリープロジェクト

【顔面の形成異常】病名のつかない障がいを持つ赤ちゃんを育てる夫婦に密着 supported by にしたんクリニック #共生社会 #にしたんクリニック#ジャパンバリアフリープロジェクト 日本には964万7千人の「障がい者」がいます(2022年内閣府公式HP) 人口の10%近い人々が,何らかの「障がい」を抱えながら日々の生活を送っています。 高齢化がますます進み,また小児医療が飛躍的に発展する今後,この「数」はますます増えると思います。 「障がい」とは,もう「他人事」ではないのではないでしょうか。 自分もそして家族もいずれは「何らか」の形で「障がい者」になる。 「共生社会」とは障がい者の為だけに実現していくものではなく文字通りすべての人が気持ち良く生活できるよう「前に」進めていくものなのではないでしょうか。 星野未来くん(1歳)は世界でも前例がない、原因のわからない障がいを持って生まれました。 現代医療では病名なし。 顔と頭蓋骨の奇形。 まぶたの全欠損。(瞬きができない) 眼窩欠損。 頬骨欠損。 鼻の骨が短い。 小耳症(耳が小さい) 前頭骨全欠損(おでこがない) 胃瘻、人工呼吸器、気管切開-医療的ケア児 両親とも「育休」を取り、二人で24時間体制で未来くんのケアを行っています。 ‘夫婦一丸'という言葉はこの二人のためにあると思います。 息子のケアに’楽しく’全力を投球されています。 点眼ー未来くんはまぶたを閉じられません。 眼球が剥き出しの息子さんの為に1日何度も点眼をするお母さんとお父さん。 眼球が剥き出しの息子さんの為に毎日、夜寝るときに、眼球に軟膏を塗った「サランラップ」を貼るお母さんとお父さん。 おでこがないため’脳’を保護してくれるものがありません。 今から毎日ヘルメットをつける練習をしています。(おでこがなく、頭蓋骨が半分以上ないので、ヘルメットの装着が将来必須になる。その為に今から毎日ヘルメットに慣れる練習をしている) しかし二人に悲壮感は微塵もありません。 「幸せ」を諦めたくない、と二人はいいます。 ミライくんを中心とした星野ファミリーの「幸せ」を追求する姿を是非ご覧ください。 協賛-にしたんクリニック エクスコムグローバル株式会社 https://www.xcomglobal.co.jp/ 星のミライChannel https://www.youtube.com/@hoshinomiraiwaakarui 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject ジャパンバリアフリープロジェクトInstagram https://www.instagram.com/bengtyamada... #にしたんクリニック #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #星のミライChannel #おもちくん #障害 #バリアフリー #星野未来 #星野みらい #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト #
【'歩けない'と言われた息子と一緒に歩きたい】歩けない、喋れない、耳も聞こえない、目も見えないかもしれないと言われた脳性麻痺の息子と母の1日supported by 株式会社アイネット (協賛)
14:15
964万7千分の一

【'歩けない'と言われた息子と一緒に歩きたい】歩けない、喋れない、耳も聞こえない、目も見えないかもしれないと言われた脳性麻痺の息子と母の1日supported by 株式会社アイネット (協賛)

【'歩けない'と言われた息子と一緒に歩きたい】歩けない、喋れない、耳も聞こえない、目も見えないかもしれないと言われた脳性麻痺の息子と母の1日supported by 株式会社アイネット #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト 日本には964万7千人の「障がい者」がいます(2022年内閣府公式HP) 人口の10%近い人々が,何らかの「障がい」を抱えながら日々の生活を送っています。 高齢化がますます進み,また小児医療が飛躍的に発展する今後,この「数」はますます増えると思います。 「障がい」とは,もう「他人事」ではないのではないでしょうか。 自分もそして家族もいずれは「何らか」の形で「障がい者」になる。 「共生社会」とは障がい者の為だけに実現していくものではなく文字通りすべての人が気持ち良く生活できるよう「前に」進めていくものなのではないでしょうか。 「歩けない、喋れない、耳も聞こえない、目も見えないかもしれない、最悪寝たきりの可能性もあります」ー優弦(ゆずる)さんを出産したばかりの杉村希衣さんは主治医からこう言われ、絶望のどん底に落ちました。 「なんでうちの子がこんなふうになっちゃうのだろう」 息子の優弦(ゆずる)さんは脳性麻痺で生まれました。 全力で優弦(ゆずる)さんに向き合い、愛する希衣さん。 「いつか一緒に歩きたい」 葛藤にもがきながら必死に前に進む母と息子に密着しました ぜひご覧ください。 協賛  株式会社アイネット https://www.inet.co.jp/ 協力 静岡市役所 静岡済生会療育センター令和 https://shizuoka-saiseikai.jp/department/center/reiwa/ 学習研究会 プログレス http://www.progress-s.gr.jp/ コトナ https://cotona-shimizu.jp/ コトナインスタグラム https://www.instagram.com/yuzumama.cotona/ 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #脳性麻痺 #コトナ #障害 #バリアフリー #聴覚過敏 #株式会社アイネット #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト # ジャパンバリアフリープロジェクトInstagram https://www.instagram.com/bengtyamada...
【世界にわずか50症例】1番染色体異常の娘を育てる母の1日 supported by 株式会社タヒチプロモーション #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト#タヒチプロモーション
12:13
964万7千分の一

【世界にわずか50症例】1番染色体異常の娘を育てる母の1日 supported by 株式会社タヒチプロモーション #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト#タヒチプロモーション

【世界にわずか50症例】1番染色体異常の娘を育てる母の1日 supported by 株式会社タヒチプロモーション #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト#タヒチプロモーション 日本には964万7千人の「障がい者」がいます(2022年内閣府公式HP) 人口の10%近い人々が,何らかの「障がい」を抱えながら日々の生活を送っています。 高齢化がますます進み,また小児医療が飛躍的に発展する今後,この「数」はますます増えると思います。 「障がい」とは,もう「他人事」ではないのではないでしょうか。 自分もそして家族もいずれは「何らか」の形で「障がい者」になる。 「共生社会」とは障がい者の為だけに実現していくものではなく文字通りすべての人が気持ち良く生活できるよう「前に」進めていくものなのではないでしょうか。 お母さんの佐藤知子さんは言います。 「この子を育てることが私のミッションです」 娘の愛乃(あいな)さんは一番染色体長碗部分(1q42)欠損症です。 世界に50症例しかないと言われている難病です。 一番染色体異常は筋肉が弱く、低緊張のため立てず、座ることもできません。 心房心室中核欠損、内反足(ないはんそく)、軟口蓋烈(なんこうがいれつ)、横隔膜ヘルニア(おうかくまくヘルニア)膝と股関節の脱臼。 これ以外にもたくさんの障がいがあり、愛乃(あいな)さんはたくさんの手術を受けてきました。 「この子は本当に頑張っているんです。力をもらっているのは私の方です」 そういう佐藤さんですが、もともとは障がい児を授かったら産まないと決めていたそうです。 その佐藤さんが「私の使命はこの子を育てることです」と言い切ります なぜそのような思いに至ったのか。 是非ご覧ください。 協賛  株式会社タヒチプロモーション https://tahiti.co.jp/ 協力 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #1番染色体異常 #世界に50症例 #障害 #バリアフリー #タヒチプロモーション #株式会社タヒチプロモーション #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト # ジャパンバリアフリープロジェクトInstagram https://www.instagram.com/bengtyamada...
【家族に'全振り'する幸せ】24時間介護に幸せを見つけた夫婦の1日 supported by 三親住設株式会社  #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト
11:37
964万7千分の一

【家族に'全振り'する幸せ】24時間介護に幸せを見つけた夫婦の1日 supported by 三親住設株式会社 #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト

【家族に'全振り'する幸せ】24時間介護に幸せを見つけた夫婦の1日 supported by 三親住設株式会社 #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト 日本には964万7千人の「障がい者」がいます(2022年内閣府公式HP) 人口の10%近い人々が,何らかの「障がい」を抱えながら日々の生活を送っています。 高齢化がますます進み,また小児医療が飛躍的に発展する今後,この「数」はますます増えると思います。 「障がい」とは,もう「他人事」ではないのではないでしょうか。 自分もそして家族もいずれは「何らか」の形で「障がい者」になる。 「共生社会」とは障がい者の為だけに実現していくものではなく文字通りすべての人が気持ち良く生活できるよう「前に」進めていくものなのではないでしょうか。 齋藤希帆さんは18トリソミーです。 お父さんの齋藤達郎さんは娘が18トリソミーであると聞いた時の気持ちを 「ハンマーで頭をぶっ叩かれたような衝撃だった」と表現します。 18トリソミーは心臓などに重い先天性の障害を伴う染色体の病気です。 1歳まで生きられるのは4人に1人と言われています。 「希帆が生まれてからのこの4年間、最初は真っ暗だったけど今はとっても楽しい。」という達郎さん。 希帆さん、達郎さん、お母さんの雅子さんの1日に密着して 「なんで毎日が楽しいと思えるようになったのか」 探ってみました。 是非ご覧ください。 協賛 三親住設株式会社 https://www.sanshin-j.co.jp/ 協力 重症心身障害児療育相談センター あけぼの学園 https://www.mamorukai.jp/akebono/ 北島シール印刷所 株式会社あいりす あいりす訪問看護ステーション https://www.iris-hns.com/ 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #18トリソミー #障害 #バリアフリー #三親住設株式会社 #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト #睡眠不足だけど幸せ ジャパンバリアフリープロジェクトInstagram https://www.instagram.com/bengtyamada?igsh=NTc4MTIwNjQ2YQ==
【闇の中で掴んだ確かな城】「全盲の英語教師が'目の見えない'生徒たちに伝えたいこと」supported by サントリーホールデイングス株式会社
09:51
964万7千分の一

【闇の中で掴んだ確かな城】「全盲の英語教師が'目の見えない'生徒たちに伝えたいこと」supported by サントリーホールデイングス株式会社

964万7千分の一 【闇の中で掴んだ確かな城】「全盲の英語教師が'目の見えない'生徒たちに伝えたいこと」supported by サントリーホールデイングス株式会社 #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト 【闇の中で掴んだ確かな城】「全盲の英語教師の見る夢」 齋藤健二さんは全盲です。 何も見ることができません。 生まれた時は光を感じることができたそうですが、20歳ぐらいの時にその光もなくなりました。 現在は青春時代を過ごした盲学校で英語を教えています。 全盲の自分が視覚障害のある生徒に英語を教える。 齋藤さんは言います。 「自分は’教材’です。自分が失敗したこと、経験したこと、工夫して来たことを目の見えない生徒たちに伝えることが私のミッションです」 全盲ですが齋藤健二さんは一人暮らしです。 料理も、掃除も洗濯も自分でやります。 朝は必ずそばを食べます。 齋藤健二さんは全盲ですが一人で海外旅行に行きます。 危ない目にはあったことがありません。 いつもたくさんの人たちに助けてもらいます。 「目が見えずに外に出ることは怖くないのですか?」 「全く怖くありません。とにかく外に出るのが好きなんです」 今、ある夢に向けて一歩一歩進んでいます。 齋藤健二さんの夢な何なんでしょう。 是非ご覧ください。 協力 サントリーホールデイングス株式会社 https://www.suntory.co.jp/ 特別協力 神奈川県立平塚盲学校 https://www.pen-kanagawa.ed.jp/hiratsuka-sb/ 横浜訓盲学院 学院長 笹野信治氏 https://kunmou.jp/g_aisatsu.html 訂正(02分49秒) 平塚盲学校 創立明治42年→創立明治43年 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #全盲 #全盲の先生 #視覚障害 視覚障害 # #バリアフリー #サントリー #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト インスタグラム https://www.instagram.com/bengtyamada?igsh=NTc4MTIwNjQ2YQ== #
【2番染色体異常そして急性脳症に】「どん底から'幸せ'を見つけた夫婦の一日」supported by パシフィコ横浜
11:41
964万7千分の一

【2番染色体異常そして急性脳症に】「どん底から'幸せ'を見つけた夫婦の一日」supported by パシフィコ横浜

964万7千分の一 【2番染色体異常そして急性脳症に】「どん底から'幸せ'を見つけた夫婦の一日」supported by パシフィコ横浜 #共生社会 #ジャパンバリアフリープロジェクト 中川陽達(ひなた)さんは2番染色体異常を持って生まれてきました。生後2ヶ月の頃からチアノーゼや癲癇(てんかん)発作が多く見られ、1日に何回も呼吸が止まり、入退院を繰り返す生活を送ってきました。 陽達(ひなた)さんが4歳の時、更なる悲劇が中川家を襲います。突然の急性脳症。もともと染色異常がある陽達(ひなた)さんを治療するのは難しく、呼吸器系、腎臓系の数値がどんどん悪化していきました。2番染色体異常と急性脳症に襲われた陽達(ひなた)さんの生命は限界に近づいていました。 お母さんの由香さんも限界でした。 そんな時、お父さんの力(ちから)さんから発せられた言葉。 中川陽達(ひなた)さんと由香さん力さんの1日に密着しました。 是非ご覧ください。 協賛 パシフィコ横浜(株式会社横浜国際平和会議場) https://www.pacifico.co.jp/  協力 神奈川県立三ツ境支援学校 https://www.pen-kanagawa.ed.jp/mitsukyo-sh/ 横浜市多機能型拠点こまち https://www.ysjk.jp/komachi/ 放課後等デイサービス たんぽぽ https://www.ysjk.jp/tanpopo/ 横浜市立左近山特別支援学校 https://www.edu.city.yokohama.jp/school/ss/sakonyama/ Love Photo(障がい児を持つ家族の写真を専門に撮る写真スタジオ) https://love-photo-smile05.webnode.jp/?fbclid=PAAaZPE0BY-ZSMmysG_HqKmVpe32PPeZUccliIoG-eQW52csKHXVbIm8pbh7E_aem_AcWGQmF6tuu8jbW7i9pRDRt53bsbkJYGogAAlJOxpxdLkRFar2ldTh6vHMy9aGBJiOY 制作-有限会社ボデイーアンドブレイン 一般社団法人ジャパンバリアフリープロジェクト https://www.barrierfreeproject.com/ JapanBarrierFreeProjectオリジナルデザイングッズ https://suzuri.jp/JapanBarrierFreeProject #964万7千分の一 #共生社会 #障がい #障害 #急性脳症 #ドラべ症候群 #2番染色体異常 #障害 #バリアフリー #パシフィコ横浜 #株式会社横浜国際平和会議場 #lovephoto #JapanBarrierFreeProject #有限会社ボデイーアンドブレイン #ジャパンバリアフリープロジェクト インスタグラム https://www.instagram.com/bengtyamada?igsh=NTc4MTIwNjQ2YQ==

​ニュース

未来を創る授業-横浜市立六浦小学校を西橋楓介くんとお母さんの佳奈子さんが訪問、開催

​2023年9月12日

未来を創る授業とは-障がいのある子どもが一般校に行き、健常児と交流することで'障がい'を子どもたちに知ってもらいます。そこから共生社会の裾野を広げ,さらに多様性理解を基にしたチームビルヂング能力、リーダーシップ能力、問題発見能力、問題解決能力の涵養を図ることを目的に行います。

​教育機関との連携
​横浜市立上菅田特別支援学校中等部2年​生​、​株式会社アイネットでの職場体験
​行政機関との連携
横浜市経済局後援「ザ・チャレンジ-ヨコハマThe challenge-YOKOHAMA」・「2020ジャパンバリアフリープロジェクト」・「ザ ドリーム-YOKOHAMA」映像作品

横浜市経済局が後援する「ザ・チャレンジ-ヨコハマThe challenge-YOKOHAMA」、「2020ジャパンバリアフリープロジェクト」及び「ザ ドリーム-YOKOHAMA」の映像作品を紹介します。各プロジェクトは、子どもたちの社会の中での活躍の場を広げることや、企業価値を高めること、バリアフリーを積極的に推進すること等を目的とする公益的な取組として、横浜市経済局が後援しています。(主催:有限会社ボディーアンドブレイン)企業による地域・社会・雇用に関わる取組としても、是非参考に御覧ください。

横浜市ホームページhttps://www.city.yokohama.lg.jp/business/kigyoshien/other/thechallengeyokohama.html

​各国大使館との連携
Go ! Go ! Embassy !

在京150大使館と連携して様々な取り組みを行っています。